カルドセプトリボルト:初心者向けオンライン攻略

カルドセプトリボルトの攻略記事です。初心者向けのオンライン対戦記事を書いていきます。ビギナー部屋のカード制限内での強カードの紹介が中心です。

 

ブック構築

クリ20:アイテム10:スペル20位で組みましょう。

なぜこのバランスにするかというと、ビギナー部屋のマップは狭く、強いスペルを十分に揃えられてないと思うからです。

 

おすすめカード

クリチャー

枚数が多いので各属性おすすめ3枚までレア度Nで紹介

ビークを初めとした強クリチャーが多く使いやすい。勝つにはかなり安定。しかし競争相手も多いので同属性相手の対策も考えたい。

 

ケットシー

拠点向けとしてかなり強い。ビギナーでは巻物攻撃のクリがまだ使えないので十分守れる。

 

バーナックル

拠点向けで優秀。秘術は足スペルの乏しさを補ってくれる。また秘術の練習に相応しい。

 

キングバラン

拠点にしてもいいし、プラックソードでお手軽超火力。

 

コストが全体的に重く、撒きで負けるとかなり辛い。侵略はシニリティなどで補う必要がある。

 

G・ノーチラス

拠点向けで優秀。防具しだいだがビークの攻撃を耐えやすい。

 

ミストウィング

火・風無効で拠点としてかなり優秀。ビギナー環境ではかなり倒されにくい。

 

アクアホーン

ミストウィングの裏役だがst50で半端な撒きを潰しやすい。特に地領地に置いて、援護クリチャーに対しての嫌がらせに向いてる。

 

優秀な援護餌がまだ手に入らないので防御に不安が残る。援護だけに防御を任せるのは不可能。

 

ウッドフォーク

拠点向けであり、焼き耐性もそこそこでバランスよく活躍できる。

 

グレートタスカー

先制無効であり援護の餌としても優秀。

 

ドリアード

連鎖伸ばしとして非常に優秀。最初から最後まで使える。

 

拠点向けクリチャーがかなり不安なので取られたら取り返す位の気持ちで臨みたい。

 

カラドリウス

バイタリティを入れるのと迷うが、こちらは序盤の手札事故の防止が出来、何度でも掛けられるのはかなりの強み。

 

コーンフォーク

序盤から終盤まで役に立てる。手札に余ってきたらわざと特攻して倒されると良い。

 

スペクター

安くて撒きとしては最優秀に近い。拠点がどうしてもできない時はこいつに投資するのも悪くない。

 

無属性

ビギナー環境で組むのは火力不足で辛いので、侵略は巻物やスペルで頑張りたい。防御も不安。撒きクリは優秀なのばかりなので選択に困る程。この属性のみSのおすすめを紹介。

 

シャドウガイスト

拠点候補になりえる。他色の傭兵としても優秀。

 

ハイドビハイド

ボージェスはレア度Rなので、手に入るまではこいつの秘術に頼るのが一番楽。

 

ミゴール

拠点兼アタッカーが出来る。侵略時、巻物も合わせるとかなりやっかいになれる。

 

アイテム

敵の猛攻が予想されるのでしっかりと厳選すること。攻撃と防御兼用の装備が使いやすい。NとSの紹介。

 

武器

ムーンシミター

足スペルが揃っておらず、マップが単調な為高額領地を踏む可能性はかなり高いので保険として持っておきたい。

 

プラックソード

st40の修正の時点で十分強いが、強打も出るのでかなり頼れる。

 

トライデント

40/20修正で防御にも使える。L1の攻防では十分に思い留まらせる修正値

 

防具

スパイクシールド

攻防で使え、反撃で倒せる可能性が高いのは強み。半減すれば大抵耐えられる。

 

属性シールド

ストームシールドとマグマシールド。完全無効は純粋に強い。弱点としては巻物攻撃。

 

スペクターローブ

運ゲーだが期待値は高く、攻防で使え、レア度Nなのも嬉しい。

 

道具

ワンダーチャーム

ほとんどの攻撃は通らない。しかし攻撃成功時能力が発動することに注意。

 

ペトリフストーン

stが0になるので移動侵略に何度も耐えるのは辛いが、一度なら十分耐えられる。

 

アーメット

防具を装備出来ないクリにとっては頼れるアイテム。火属性を使うなら考えるとよい。

 

巻物

シャドウブレイズ

これ一択。カード制限の多いビギナーではクリチャー被りが頻発するのでst60を出しやすい。

 

逆に頼りにならないアイテム

グレムリンアイ

ビギナー環境ではNで溢れているので使いにくい。

 

スペル

スペル系統は最初から最後まで使えるものが多いので少しずつ覚えていきましょう。Nのみ紹介。レア度の高いスペルは基本的に強いので効果を見て採用しましょう。

 

シフト系

地変は連鎖を伸ばす上でかなり重要なので使い方を覚えておきたい。終盤まで使える。

 

スピリットウォーク

シフト系と枚数を考えて採用したい

 

バイタリティ

ドロー付きで強化出来るので拠点を気軽に守れる。

 

ホーリーワード系

8が高額拠点回避しやすくて強いが。揃っていないなら6やヘイストで代用する。フライは微妙。敵を嵌めるなら3が使いやすい。

 

マナ

入れるカードに困ったらこれを採用すれば間違いはない。ビギナー環境では周回までの歩数が短いので収入になりやすい。

 

心得

勝つために簡単なアドバイス。相手のカードを全て暗記し、予想するのはカードが見られるといってもかなり辛い。カード効果を覚えていない初心者なら尚更である。故にそれを考慮して書く。

 

手札を覚える

相手の手札を見て属性を確認し、自分と被っていたらマークする。他の人の手札まで覚えなくてよい。ステップアップしたら相手の防具も覚えること。特に高額拠点を持っている人のを優先的に確認する。

 

恨みを持たない

拠点取られたりすると嫌な気分になりますが、勝つためには最善の選択をしましょう。

 

入れるカードを絞る

ブックに入れるカードの種類が少ない方が選択股を絞りやすいです。また勝ち負けの型が見えてきやすいのでおススメです。

 

終わりに

一試合に時間の掛かるゲームですが、対人戦はCPUと違った奥深さがあるので一度はやってみましょう。この記事を読んで興味を持ってくれたら幸いです。

 

☆良ければ読んでね☆

カルドセプトリボルト感想・攻略

カルドセプトリボルト攻略ブリードカード育成考察

カルドセプトリボルト:初心者向けオンライン攻略

カルドセプトリボルト:ガチブック構築論

カルドセプトリボルト:メタカード考察

カルドセプトリボルト:ガチブック調整、コンセプトブックの作り方

 

Pocket
LINEで送る