うたわれるもの 二人の白皇 感想・攻略 レビュー

アクアプラスより発売の「うたわれるもの 二人の白皇」購入の際の参考&攻略に役立ててください。このシリーズをやったことがない人の為に説明すると、このゲームは選択肢なしのADV&戦略シミュレーションゲームです。ギャルゲーとかなり近いですが、戦乱の世を通しどんな先が待っているのかを楽しむストーリー重視の作品となっています。戦闘パートはファイアーエムブレムやスパロボ的なものとなっています。

 

はじめに

初代(ps2)からやっているので、私にとってはとても感慨深い作品です。しかしそれでも公平にレビューすることに努めたいと思います。前作をプレイしていない人は前作である「うたわれるもの 偽りの仮面」ゲームorアニメをやっておきましょう。時間がある人は前々作である「うたわれるもの」ゲームorアニメをやりましょう。

 

感想

アドベンチャーシステム

長年ADVゲームを作っているだけあって不満はない。クイックセーブ&ロードがないが、選択肢のあるゲームではなく通常セーブもいつでも出来るので感じなかった。

画像鑑賞は普通。音楽鑑賞は登場曲がフルで入っているので豪華。場面回想はかなり細かく見れるので周回プレイが面倒な人にはありがたいものとなっている。

 

戦闘システム

戦略シミュレーションゲームとしては難易度はかなり低い、手番の巻き戻しも出来るので積むことはないだろう。だがシステムに慣れるのは少し時間がかかった。というのも連激の範囲指定、気力の計算など感覚的に操作しづらい所がある為だ。だがそれに慣れれば戦闘は簡単である。

 

クリア後のやりこみ

やりこみも充実していてクリア後には強くてニューゲームがあります。夢幻演武はSRPGとしてもやりごたえがあるのでゲーム性重視の人にもおすすめ。

 

ネタバレなし感想(ネタバレ感想は下)

初代発売から何年前だろう?それが完結ということで私にとってはかなり満足いくものであった。戦闘パートに関しては面白いが、期待以上でも以下でもない。でもこの戦闘という演出の為にストーリーが違和感を覚えるものとなる場面があるのは否めない。

ストーリーも全体的に良いので前作が楽しめた人は買うべき。ヒロイン達の会話はほんのり恋愛の匂わす程度で淡い恋を感じさせる。感動的な場面はしっかりしているので感情移入が出来れば楽しめる。前作との比較をするとシリアスな場面が多く、ギャグは少なめで初代うたわれが好きな人は気に入るはず。続きはこのページ最後

 

攻略

攻略というよりキャラ短評になってしまう。

 

キャラ性能

ハク

味方の気力・体力を回復させてくれる技を持ち攻撃も出来るので万能キャラ。しかし仮面を使って戦う場面も多いので装備には気をつけたい。

 

クオン

脆さを感じる場面もあるがこのキャラも万能。攻撃・回復で役立ってくれる。

 

ウルゥル・サラァナ

火力と範囲があるので雑魚殲滅には持って来いである。地形をよく考えたり速度を補ったりしたい。

 

ネコネ

レベルが上がって攻撃技・回復技が1Tで出来るようになると使いやすくなる。防御面は心配だが攻守で活躍可能。

 

ルルティエ

体力の多いタンク型だが機動力があるので強気に前に出せる。範囲技も持ち防御低下など使いやすいので前線維持に持って来い。

 

ノスリ

後衛で機動力もあるので気力が貯めやすく必殺も使いやすいので火力役として使いやすい。

 

オウギ

機動力があり、防御もそれなり、範囲技、ZOC抜けと非常に使いやすい。火力はそこまででもないが早さがあるのでどんどん回していける。

 

アトゥイ

再行動での機動力・火力、範囲技と優秀なアタッカーである。ZOCに捕らわれると本領発揮出来ないので装備で補いたい。

 

キウル

メインの消費気力が多く、速度もそれ程でもないのでなかなかゲージを貯めるのが辛い。連撃指定するなり工夫しよう

 

アンジュ

バカ火力だが遅いのでBPや装備で補いたい。そこさえ補えれば敵をどんどん屠ってくれる。狭いステージで運用したい。

 

ヤクトワルト

攻守が高く中々落ちないのは魅力的。だが足が遅く近接技しか持たないので工夫しないと置いてかれる。

 

フミルィル

加入時点では弱いがレベルが上がると化ける。足の遅いアタッカーや仮面使用時などの強キャラをどんどん再行動させるのは戦力増強に非常に使える。

 

ムネチカ

防御が高いが機動力がないのでどんどん置いていかれる。後衛で援軍が出てくる場面などでも一人で粘ってくれる防御性能がある。

 

協撃必殺

協撃指定しないといけないものもあるので注意。例えばハク*クオンならハクが必殺を打たないといけない、クオンのゲージは関係なし。トロフィー条件にもなっている。ネコネ*クオンなど協撃条件を設定しなければならないものもある。

 

仁華 ハク*クオン

仁信 ハク*ネコネ

華天 クオン*アンジュ

慈海 ルルティエ*アトゥイ

結仁 ウルゥル・サラァナ*ハク

義智 ノスリ*オウギ

智悌 オウギ*キウル

信華 ネコネ*クオン

悌義 キウル*ノスリ

海豪 アトゥイ*ヤクトワルト

天忠 アンジュ*ムネチカ

豪艶 ヤクトワルト*フミルィル

忠慈 ムネチカ*ルルティエ

艶結 フミルィル*ウルゥル・サラァナ

 

ネタバレ感想

ここまで読むという人はクリア後だと思うので、レビューをあまり気にせず書こうと思う。

序盤

仲間との会話が痛ましい、ネコネとのイベントが印象に残った。布団に入ってくるとか可愛らしいね!エロゲじゃなくてよかった(それはそれで見たい気もすr)

戦闘に備える描写は初代うたわれを想起させる場面も多くて懐かしい。

仲間との会話はオシュトルとして接する為好感度がリセットされた感があり、もどかしいような気分だがそれもストーリー的に楽しめた。

 

中盤

オシュトルの正体を知りながらも接する仲間との微妙な気持ちが好き。イタクは参戦する訳だけど必殺とかないし、色々フラグ立ててるから、いつ死ぬかハラハラして見てたよ。マロロやライコウはきちんと描かれててよかったよかった。

 

終盤

ウォシスの発狂はもうちょっと動機付け出来なかったのだろうか、でも元々ずれている人が発狂したらあんなものかな。ラスボスクオンは要らなかった気もしないでもないが、無印と展開が被る&少しでも救いを作る意味ではあり。ハクオロとエルルゥが自由になったのは嬉しいがハクが気の毒。

 

突っ込みどころ・不満点

ウルゥル*サラァナの力を使っているとはいえばれないものだろうか。尻尾や耳は幻術的なもので誤魔化せるとして、生活態度や癖、運動神経からもっと多くの人にばれてもよくないか?というより早いうちにルルティエには気づいて欲しかっただけ。

 

CGもうちょっと増やして欲しかった。それとラストにアルルゥやらの戦闘キャラモデルが出てくる訳だが、そのモデリング量をザコキャラに回してくれてもよかったよね?

 

終わりに

ヒロイン達は可愛かったからこれで終わるのは惜しいね、でも最後まで描写しないからこ良いんだと思う。消息不明の無印のEDよりは幾分か救いがあるので、切ないながらも悪くない終わり方だった。次回作はないだろうね、世界観の説明は偽りの仮面の時点でほぼ終わってたしこれ以上話を広げるのは難しい。(しかし夢幻で続編の匂わす表現がある。また売り上げも結構よさそうなのであるかも!?)

うたわれるものの完結としては納得の出来でした。

 

☆よければ読んでね☆

うたわれるもの 二人の白皇 感想・攻略 レビュー

うたわれるもの 二人の白皇 夢幻演武攻略

うたわれるもの 二人の白皇 BP稼ぎ、経験値稼ぎ、おすすめ装備など

うたわれるもの 二人の白皇 ムネチカの試練 攻略

うたわれるもの 二人の白皇 クリア後考察

うたわれるもの 二人の白皇 次回作予想やアニメ化

うたわれるもの 二人の白皇 最終戦の協撃必殺会話集

 

 

Pocket
LINEで送る