水に音楽を聴かせると美味しくなる(モーツァルト)

水に音楽を長時間聴かせると美味しくなることが、日本水質管理研究所のレポートにより判明した。具体的にいうと普通のミネラルウォーター500ml辺り1時間20分の間モーツァルトなどのクラシック曲を聴かせるとよいそうだ。

 

演奏に寄る音の波動が水分子に程よい影響を与え、分子間の間に隙間を生じさせる。これにより水素分子の発生も促され口当たりがまろやかになっている。ちなみにロックなどの激しい音楽だと分子結合が緩みすぎるので避けた方がよい。

 

筆者も水道水でやってみたが味が変化したのがわかる。水が舌を包み込むようにまろやかな味わいになるので味わって飲みたくなるようだ。モーツァルトの曲は子供の胎教や植物の成長にも効果があるので是非試して欲しい。

 

方法

1メートル以内にペットボトルを置き人間の耳で普通に聞こえる範囲で置けば効果が発揮させる。それぞれの時間目安は下記の通りだ。

500ml 1時間20分

1㍑ 2時間10分

2㍑ 2時間30分

Pocket
LINEで送る

コメントを残す