ブラック企業の判別方法:ブラック求人解説

転職や就職活動では色々と求人広告を見ると思います。その際にブラック企業と会わない為の求人の見方を教えたいと思います。ブラックワード(このサイトの造語:ブラック求人広告にありがちな文)を見分けられるようになりましょう。

 

はじめに

求人サイトは仕事を探す為に非常に便利です。しかしサイトは企業からお金を貰って仕事をしているので、当然に企業側に有利な文章を書いています。その点をよく考慮しましょう。

ブラック企業のランキングや一覧を参考にするのもいいですが知名度の高い企業ばかりなのであまり見る必要はありません。それよりも転職会議などの口コミサイトを利用しましょう。

 

ブラック企業の定義

「重労働・低所得の会社」とします。*人間関係や精神的ストレスは労働に、福利厚生などは所得に換算

 

ブラック求人の見分け方

紹介文のワードに気をつけましょう。確かにワードだけではわからないことも多いですし、隠すことも出来ます。しかしブラックワードを使っている企業は沢山あります。こんなワードを隠したり工夫できない企業はハッキリ言って無能です(特にそんな文にok出す人事が)。今から紹介するので参考にして下さい。

 

頑張ったら頑張っただけ報酬が貰える

基本給が少なく、残業をしなかったり、成果が出せないと生活できません

 

自分を成長(あなたの成長を見守る)

成長してキャリアアップするのは重要ですよ?ですか人に言われることではありませんし、企業側の研修意識が低いのが目に見えます。

 

夢を叶える(夢が叶う)

誰の夢でしょうか?社長の夢?ノウハウが学べることもありますが、激務必至です。

 

成長企業(成長産業)で

短期的に業績が良いだけでは評価できません、長く働こうと思ったならばよく考えましょう。

 

やりがいのある仕事

やりがいを企業が説明するのはどうなのでしょう?達成感を得る為には重労働も必要です。

 

挑戦したい人(未経験からチャレンジ)

オーバーワークを任せられることになります。自分の能力、人間の限界を超えたタスクは残業という形で跳ね返ります。

 

お客様に満足を(顧客第一主義)

社員に謳うことではありません。往々にして社員の幸福や満足など考えていないでしょう。

 

反響営業

客から好評な反響が返ってきたらピンポイントで営業をするというものです。しかし当然ながら、最初にどこかで営業しないと反響など貰えるはずがありません。

 

ポテンシャル重視

人材育成をする気がありません、潜在力の無い人がどうなるかはわかりますよね?

 

自分を変える

それはもう洗脳です。外部圧力での性格の変容は洗脳という他ありません。社会人になって目が死んだ友人はアナタも見たことがあるはずです。

 

風通しの良い会社です

学校のいじめじゃありませんけど、人は群れれば必ず歪が起こります。風通しの良い企業で社員同士の距離が近いならターゲットになった時辛いはずです。

 

休日はバーベキュー(誕生日会)

個人主義の台頭で休日まで拘束されるのは苦痛に感じる人も多くなりました。また誕生日が嬉しくない人も沢山います。誕生日に自殺する人は平日に比べ1.5倍高いというデータもある位です。

 

自分の裁量で出来ます

裁量があるという事は責任もあるということ。達成するためには労働時間も増えます。責任に見合う報酬は頂けるのでしょうか?

 

スピード昇進(入社1年で○○)

それだけ上が辞めているということです。アナタも辞めたくなるでしょう。

 

○○○万円稼げる

もちろんキツイノルマがあります。高額報酬を提示することが時代と合っていないのを認識出来ない会社です。

 

人を喜ばせる(人を幸せに)するのが好き

良い性格の人を集め、人の好意に漬け込むような求人広告です。個人的には最悪のブラックワードの部類です。

 

あなたが主役になれる

人生はいつだって自分が主役です。

 

頑張りを成長に

確かに頑張ればノウハウが早く身に付きます。しかし過酷で強制的な成長ですからね?Bボタンキャンセルはできません。

 

仲間が出来る(家族のような)

同僚との仲良くするのは悪いことではありませんが、プライベートに関わられるのが嫌いな人も居ますよね?

 

どれが良い?働き方

重労働・低所得

これが一番最悪です。次第に精神は磨り減り最悪自殺してしまいます。精神科に行くことも見据えましょう。何年か頑張れた方なら転職してどこでも働けるはずです。

 

重労働・高所得

よく言われるのがカニ漁船です。こういう働き方は探してみると沢山あります。ただし昔に比べると高所得でもなくなっていて重労働・低所得となるケースも増えています。

 

軽労働・高所得

ホワイト企業ですので今更語りません。大企業が全て軽労働・高所得な訳ではありません。責任が重く、重労働・高所得な事が大いにあります。

 

軽労働・低所得

所得が低くとも、軽労働であれば仕事終わりに趣味を充実させるなり、副業をするといった選択肢が取れるのがメリットです。

 

終わりに

ブラック企業のブラックワードは見つけられるようになったと思います。これを参考により良い働き方をしましょう!

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す