蚊に刺されて血液サラサラになろう

蚊の吸血行為によって血液がサラサラになることがアメリカの科学雑誌により証明された。蚊は吸血しやすくする為に対象に様々な効果のある唾液を注入する。その際に血小板の凝固作用を妨げる物質が入っている訳だが、それが血液をサラサラにしてくれるというものである。

およそ16箇所刺されるだけで効果があるということだ。意識して少し外に出るだけで達成できる数値である。血液がサラサラになれば動脈硬化や血栓の予防になるので健康志向が高い人はこの夏に刺されてみるのもよいだろう。問題は蚊に刺された時の痒みであるが、これはアメリカのベンチャー企業であるミュリエント社が研究機関と共同出資して新商品の開発に着手しているので数年の内に解決される問題であろう。痒みに我慢できない人は例年通り蚊避け対策をしましょう。

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す